• Peaceful Table

自己紹介~就職・職歴~後編


~イタリアンレストランでの修業を終えたところから。

ですが、ちょっと余談を。

レストランで仕事をしていると、だんだん“独立したい欲”が減ってきて、このまま雇われでもいいかなーと思ってきていました。

しかしある時の、あるお客さんの一言で変わります。

1年半たち仕事も一通りできてきた当時。

お客様が来店。

日本人のモデルのように綺麗な女性と、黒人の男性。

店に外国人が来ることは珍しくはなかったのですが、その予約は女性の名前だったので、完全に気を抜いていました。

挨拶から、席にご案内する最初の十数秒のコンタクトで、

①その黒人男性は日本語がほとんどわからない。

②女性の里帰りで熊谷に来た。

③新婚さん

④普段はお二人ともアメリカで暮らしている。

ということが分かりました。

そこからは、自分のもてるスキルをフル回転。

料理の説明・好き嫌いがないかなどの配慮・ワインの説明・軽いジョークを交えつつ、英語と日本語を使い分け、過不足ない、近すぎず遠すぎないサービスを心がけていると、自分でも満足いくサービスができている実感がありました。(アメリカ旅行の経験が活きたのかな?)

そして帰り際。

会計をして、お釣りとレシートを渡そうとしたら、女性から。

『お釣りはいいです。とても素晴らしいサービスをしてくれたあなたに、チップとしてお渡ししたいです』

と。

その一言が

身体中に電流が流れるような衝撃でした。

最高の料理・美しい空間がウリのレストランですが、『ぼくの』サービスに対して評価してくれた。

というのが衝撃で

興奮して

テンパって

『いえ。僕はいつも通りのサービスをしただけです。お気持ちだけで。』とかそんな感じで返事してました(笑)

それが、『自分の行動に評価をつけられたい』という、自我の塊のような、今の自分を目覚めさせた出来事でした。

おわり

完結編に続く。


38回の閲覧