・群馬県大泉町で循環型無農薬農業をしています。

​・シェフとして、季節の野菜を楽しむパーティーを開催しています。

・子供を対象にした、ガーデンスクールを開催しています。

・料理教室や、サラダ専門カフェや、野菜ジュースバーを開く予定です。

母の優しい​ご飯で生き返る

ブラック企業で疲弊しました。

心も身体もボロボロになって、地元埼玉県熊谷市の実家に帰ってきました。24歳のときです。

母の作る、自家農園野菜をふんだんに使い、薄味でシンプルなご飯を食べて1週間で体調が回復した経験から、食と健康について考え始めました。

進路に悩んでいるときに、スローフードと呼ばれるジャンルに興味を持ちました。

自分で食材を育て、化学調味料に頼らないクラシカルな調理。お皿を待つ時間も楽しめるテーブルセッティング。農を感じ取れる料理を心がけています。

食に関わる全ての人にPeaceful Tableを。

Peaceful Table代表 食農ディレクター 柿沼良輔

​父の病気を機に

​父が中心となって、お米を作っていました。

子供のころは、嫌々手伝わされていました。

父が身体を壊し、コメ作りができなくなりました。

私が26歳の時に、生まれて初めて『お米を買う』という事をしました。

その時感じたのは

『あぁ、そっか。

誰かが作らないと、お米って食べられないんだ』

それから食と農について真摯に向き合い、今に至ります。

​(まだお米は作っていません。)

​野菜はインフラだ

​安心して食べられる新鮮な野菜がたくさん出回っている。外食でもご家庭でも、産直野菜が手軽に楽しめる。

せめて自分が暮らす街だけでも、そんな街にしたいと思います。

 

『野菜はインフラだ』『農と食で生活をより豊かに』

Peaceful Tableの役目は、農業でも飲食業でもなく、多くの人が暮らしやすい街づくりです。

iconmonstr-facebook-3-240.png
iconmonstr-instagram-11-240.png
DSC_1629